« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

2011年5月14日 (土)

週末DIY GD1フィット(FIT)1.3L ノッキング対策はイグニッションコイル交換がキモ

最近アクセルを踏むとノッキングのような症状が出てきた自分の愛車フィット1.3L。

このままだと首が痛くなりそうcryingなので(大げさですが…)原因追及のためディーラーへ。

余談ですがGD1フィットはCVTに問題があり長く乗っているとジャダーが発生してガクガク言い出すことがあります。この場合、延長保証が適用されるので期間内なら無料で対応してもらえます。

Photo

ジャダーについては摺り合わせ+CVTフルード交換を2回、その後クラッチ全交換を行った結果発生しなくなっていましたので、たぶんこれではないな、と思ってはいました。

待つことおよそ60分、メカニックの方から報告が。

「ミッション系はすでに修理済みなので、そちらではないのは確実です。
あと考えられるのは、エンジンの点火系あたりですね。まだ目に見える症状が出てはいないのですが、おそらくこいつです。」

と見せられたのがこれ

Dscf0362_1024x768

イグニッションコイルという部品だそうです。

さっそく見積もってもらうとその金額が工賃込でなんと約3.2万円!

どうも怪しいのはリア側(エンジン奥側)だそうです。
ずっとフィットって4気筒だとばかり思っていたのですが、実は8気筒なんですね!!
正確にはツインスパークというそうです。本当の8気筒ではありません
エンジンの熱の影響を受けやすいため、個体差はありますが、寿命が尽きてしまうものもあるようです。

さてさて、費用が結構いい金額なので、考えた末自分で交換することにしました。
純正品をネットで購入!4本で19,108円。もしこれで全部済んでしまえば1万円が浮く計算になります。ちなみに純正番号は30521-PWA-003(リア側) 30520-PWA-003(フロント側)だそうです。

楽天市場で見つけました

リア側は


ストライク/Strike イグニッションコイル フィット GD1/GD2 リア側 03/10?04/01 30521-PWA-003 HONDA / ホンダ 純正同等

フロント側は


ストライク/Strike イグニッションコイル フィット GD1/GD2 フロント側 03/10?04/01 30520-PWA-003 HONDA / ホンダ 純正同等

早速注文して届いたのがこちら

Dscf0350_2

交換方法がWEB上でいくつか紹介されていますので、そちらを参考にTRY!

まずはボンネットを開けましょう。

1

1.エンジンを覆っているプラスチックのカバー(i-DSIと書かれたカバーがそれ)を取り外します。
(もちろんバッテリーのマイナス側も外しておいてください!)

二本のボルトで左右が固定されていますので、10mmの六画レンチで慎重に取り外します。カバーの裏側にもワッシャーがかませてあります。カバーの裏面はこんな感じです。

このワッシャーを落とすと後で大変なので、くれぐれも慎重に!!

Dscf0356_1024x768

カバーを外した状態がこちら。結構汚れてますよね。乾いた雑巾でほこりを拭き上げてきれいにしておきましょう。

Dscf0357_1024x768_2

2.次に作業のためのクリアランスを確保します。

Dscf0352_1024x768

エンジン後方に配線が走っているので、ここをとりあえず外します。

右と左の二か所がクリップで止まっていますので、まず右側を下方向に外して、それから左側を右方向に引っ張って外すと簡単に外れます。

Dscf0353_1024x768

アクセルワイヤーもゆるめて取り外しましょう。


3イグニッションコイルにつながっている配線を外していきます。

リア側は4か所ありますので、全部外しておきましょう。次にイグニッションコイルを固定しているナットを外します。(これも10mmです)

Dscf0355_1024x768_3

最初は少し硬いかもしれませんが、しっかりと回せば簡単に緩みます。後はゆっくり、慎重にナットを外してください。

そのあと、イグニッションコイルを上方向に引っ張ると、簡単に引き抜くことができます。

Dscf0359_1024x768

抜いた状態がこれ。

あとはここに新品のイグニッションコイルを差し込んで、今までの順序の逆をたどれば作業完了です。

作業時間はわずか40分。思ったよりも早くできちゃいました。

全部交換する場合は、フロント側×4本;リア側×4本で合計8本の交換です。

☆ご自分のタイプに合わせて選んでください

***************************

ちなみに…

イグニッションコイルはやがて寿命がやってくるので、全部一気に交換してしまったほうがメンテナンスは後々楽です。ここでは一本を交換する方法を紹介していますが、私の場合、前後合計8本すべて交換しました。



ホンダ用 ダイレクトイグニッションコイル フィット フィットアルマス GD1 GD2 フロント側 30520-PWA-003 リア・リヤ側 30521-PWA-003 イグニッションコイル前後8本セット ptup




イグニッションコイルの交換同時にイリジウムプラグも交換したので、その後も快調です。プラグを交換する場合、イグニッションコイルを抜かないといけないので、同時進行がおすすめです。

ちなみに私がチョイスしたのはコスパに優れたCHAMPIONのイリジウムプラグ。8本入りなので一気に交換できますよ。しかも10万キロ保証なので、一度交換してしまえば乗りつぶすまでプラグを交換しなくてもよくなります。

交換後はエンジンのふけ上りが前よりもよくなった気がしました。燃費も若干伸びました。一石二鳥とはこのことですね!



チャンピオン イリジウムプラグ適合車種:フィット 1300 GD1・GD2[品番:9802 8本]【smtb-k】【kb】【0824楽天カード分割】

プラグ交換の際に必要になるのがプラグレンチ。16mmのプラグレンチを用意してください。ロングタイプの方が作業がしやすかったです。

エーモン プラグレンチ T型ロング 16mm K185

新品価格
¥770から
(2016/9/13 10:35時点)

*****************************

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

あひる通信引越しのお知らせ

スポンサードリンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お知らせ