« LCCが欠航したらどうなるの? | トップページ | 9月22日木曜日の日本円→台湾ドル VISAデビットカードレート »

2016年9月21日 (水)

海外から日本帰国時のSIMカード入れ替えとスマホの設定に注意

管理人@一時帰国中です。台湾から日本に一時帰国するので、しばらく使っていなかったiPhone6s plusの出番がやって来ました。日本ではドコモの回線契約があるので、それを利用してモバイル通信をしています。



MVNOがこれほど普及しているのに、一般キャリアを使っているなんて時代遅れのように思うかもしれませんが、私が日本にいたころは総務省の規制がなかったころですから、いわゆる”携帯乞食”全盛期でした。



個人的には安く回線が持てればというくらいの気持ちでMNPをしていたので、その時の契約がまだ残っている状態です。ちなみに手持ちのセルラー版iPad Air2の分割代金を合わせても毎月の維持費は3000円くらいです。(契約回線は音声2、データ5)


MVNO並みの維持費ですから、この契約が切れるまでは回線を維持しようと思っています。

5_2


その前に、中華電信SIMで運用中のSAMSUNGのgalaxyS6(SIMフリー化済み)をドコモのデータSIMに入れ替えたのですが、思わぬ失敗をしてしまいました。この時点でピンときた方は多いと思います。

台湾でgalaxyS6を中華電信SIMで運用するには設定でデータローミングをオンにします。その理由は、データローミングをオンにすることで、LTE接続が有効になるからです。

今回、SIMを自宅で入れ替えた際に、データローミングをオンにしたまま作業をしてしまいました。

4

結果は、見事に海外パケホーダイに接続されてしまい接続料金が発生してしまいました。接続時間はわずか15秒。遠傳電信にローミングされ、一瞬ですがデータ通信を行なったみたいです。

料金はなんと149円!たった一瞬の出来事でしたが、コンビニでコーヒーが一杯買える値段を消費してしまいました。今回私が接続したのは海外パケ・ホーダイというサービスです。

【公式】ドコモ海外パケ・ホーダイサイト

2

<免税>という表示が若干のお得感を出していますが、1日2980円も出したら台湾の中華電信、大哥大、遠傳電信のLTE無制限プランを1週間も利用できてしまいます。

台湾高雄小港国際空港でプリペイドSIMカードを購入する方法


節約して24.4メガまでの通信なら1980円となっていますが、スマホを普通に使っただけであっという間にそのラインは超えてしまいますよね。ただ海外パケ・ホーダイのおかげで「パケ死」する心配はなくなっています。

7

今回は海外パケ・ホーダイのキャンペーンをやっていたので、見事応募資格を満たす結果になりました。事前に当たったポイントは200ポイント。149円分はこれで戻ってくる勘定です。

SIMを入れ換える場合は、帰国後にするか、データ通信オフ、ローミングオフを確認してから作業することが大切ですね。不安な場合は最初から機内モードにしておいて、あとはイモとのWi-Fiを使えばパケ漏れの心配はなさそうです。



« LCCが欠航したらどうなるの? | トップページ | 9月22日木曜日の日本円→台湾ドル VISAデビットカードレート »

ライフハック」カテゴリの記事

高雄生活」カテゴリの記事

高雄観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107570/67591888

この記事へのトラックバック一覧です: 海外から日本帰国時のSIMカード入れ替えとスマホの設定に注意:

« LCCが欠航したらどうなるの? | トップページ | 9月22日木曜日の日本円→台湾ドル VISAデビットカードレート »

あひる通信引越しのお知らせ

スポンサードリンク

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お知らせ