« 2017/1/6日本円→台湾ドル為替レート | トップページ | 2017/1/7の日本円→台湾ドル為替レート »

2017年1月 6日 (金)

【バニラエア】【成田-高雄】間の予約変更(フライト、座席指定変更)をしてみた

1

バニラエアにはコミコミ、シンプル、わくわくの3種類のチケットがあります。それぞれの違いは次の通りです。

  • コミコミ:機内持ち込み手荷物10キロ、預入手荷物20キロ、座席指定(スタンダードシート)、フライトの予約変更可(手数料500円)、払い戻し可
  • シンプル:機内持ち込み手荷物10キロ、預入手荷物なし、座席指定なし、フライトの予約変更可(手数料4000円)、払い戻し不可
  • わくわく:機内持ち込み手荷物10キロ、預入手荷物なし、座席指定なし、フライトの予約変更不可、払い戻し不可

このうち予約変更可能で手数料が安いのがコミコミバニラです。急きょ旅程を変更する必要が生じた場合や、もう少し長く現地に滞在したい場合、コミコミバニラなら手数料を安く抑えられます。しかも予約の変更は手数料さえ支払えば何度でも可能ですので、長期滞在を契約している人はこちらを購入したほうが良いかもしれません。

今回コミコミバニラの予約を変更することにしました。その時の流れは次の通りです。

1.予約番号(予約番号はメールで送付されている旅程表に記載されています。)氏名(アルファベット)またはメールアドレスでログインする


2


2.予約変更をする便を選択する。

3


3.カレンダを見ながら変更する日付を指定する。日付ごとにその日のチケット料金が表示されます。日付を変更する場合、予約時の料金との差額および変更手数料が加算されます。

4



4.変更希望の日付を選択し、便を選択すると差額が表示される。間違いがなければ「確定して閉じる」を選択し、「変更して次へ」をクリックする。

6


5.座席の指定をする。右側に追加で支払う料金が表示される。座席を選択したら確定して次のページに進む。

7

6.支払い画面が表示されるので、支払方法を選択し、次へ進む。

8

7.予約変更最終確認画面で内容を確認し、間違いがなければ次へ。ちなみに今回支払った差額は手数料を含めて6300円(税込)でした。これがシンプルバニラだと+7000円(2人分)なので13300円です。コストを考えるとコミコミバニラのほうがいいですよね。

9


8.予約変更完了。完了後登録しているメールあてに変更後の旅程表が送付されるので確認する。

旅程表はPDFもしくは印刷したものをチェックイン当日持参してください。今回変更手続きをしていて気付いたのですが、高雄行きの便は利用者が多く好調なようでLCCは軒並み料金がアップしています。変更する場合には差額分がかなり高額になってしまうこともあるので、費用をチェックしてから決めることをお勧めします。

バニラエアは受託手荷物や座席指定を追加していくと料金が高額になってしまいます。受託手荷物がある場合は最初からコミコミバニラを選択するといいかもしれませんね。

« 2017/1/6日本円→台湾ドル為替レート | トップページ | 2017/1/7の日本円→台湾ドル為替レート »

LCC」カテゴリの記事

高雄生活」カテゴリの記事

高雄観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107570/69140605

この記事へのトラックバック一覧です: 【バニラエア】【成田-高雄】間の予約変更(フライト、座席指定変更)をしてみた:

« 2017/1/6日本円→台湾ドル為替レート | トップページ | 2017/1/7の日本円→台湾ドル為替レート »

あひる通信引越しのお知らせ

スポンサードリンク

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

お知らせ